脱毛効果の無い脱毛ってご存知!?脱毛効果は脱毛機やサロンスタッフで変わります。脱毛を成功する為の脱毛サロン選びのヒントが満載。

  1. 脱毛サロン
  2. 15 view

大手脱毛サロンと個人経営のエステサロン!通うならどちら?メリット・デメリット比較

エステ

ムダ毛のお手入れをするために脱毛サロンに通うなら、

チェックやっぱり大手の脱毛サロンの方が安心?
チェックせっかく行くなら個人経営のおしゃれなプライベートサロン?

と、迷っていませんか?ひと昔前までは、大手のエステサロンなどでしか受けられなかった脱毛サービスですが、需要が増えるにつれてリーズナブルな脱毛サロンがどんどん増え、若い女の子でも気軽に通えるようになりました

個人経営のエステサロンでも、脱毛用の美容機器をそろえて脱毛メニューを始めるお店が増えています。そこで気になるのが、脱毛サロン通いを始めるなら大手サロンか個人サロンか?ということ。

知名度の高い脱毛サロンなら安心して通えそうな気がする反面、せっかく高いお金を出して脱毛するなら、おしゃれで魅力的なサロンに行ってみたいという気持ちも。

また、住んでいる地域に大手脱毛サロンがあまり多くなく、個人サロンに通うしかないという人もいるでしょう。ということで、今回の【ReviReviColumn】のテーマは「大手サロンvs個人サロン」です!

チェック価格
チェック施術時間
チェック予約の取りやすさ

などをじっくり比較していくので、自分にはどちらが向いているか検討してみましょう。

大手脱毛サロンと個人脱毛サロンを価格で比較

費用

まずは、気になる価格帯から。大手にしろ個人にしろ、リーズナブルな脱毛サロンと高額な脱毛サロンがあります。それぞれの平均や特徴をまとめました。

リーズナブルな脱毛サロン

コスト

大手の脱毛サロンで、特に安いといえるのは以下の3社です。

脱毛サロン 顔とVIOを含む全身脱毛の料金 1回あたりの単価
銀座カラー 6回 93,000円 15,500円
ラココ 5回 79,000円 15,800円
ストラッシュ 6回 95,760円 15,960円

上記の3社は、全身脱毛1回あたりの価格が15,000円台。全国展開の脱毛専門サロンの中でも、トップクラスといえるでしょう。ただし、分割支払いをする場合は、ラココ以外は金利手数料がかかるので見た目の価格より高くなります。

ラココは手数料サロン負担というサービスがあるので、支払い方法によって総額が変わることがありません。

では、個人経営のプライベートサロンはどうでしょうか?地域ごとに調査してみたところ、安い脱毛サロンでは全身脱毛が10,000円程度のお店もありました!広告料を抑え、ブログやSNSでの宣伝をメインにしているサロンの方が、価格が安い印象です。また、

チェックホットペッパービューティ
チェックEパーク

といったポータルサイトにお店を載せている脱毛サロンなら、クーポンを利用することも可能お店によっては、安さで有名な大手脱毛サロンよりもずっと安く脱毛できそうです。

やや高額な脱毛サロン

コスト

割引キャンペーンを適用せず、正規コースのみで調べてみたところ、大手の脱毛サロンでもかなり価格が高いと思われるのは、以下の3社。

ジェイエステティック
顔とVIOを含む全身脱毛料金 12回 567,600円
1回あたりの単価 47,300円
エステティックTBC
顔とVIOを含む全身脱毛料金 ※最大24ヶ所
4回 129,140円
1回あたりの単価 32,285円
ミュゼプラチナム
顔とVIOを含む全身脱毛料金 ※顔なし
4回 104,520円
1回あたりの単価 26,130円

初回限定のお試しプランなどが安いジェイエステティックやミュゼプラチナムでも、きちんとプランを組んで通う場合、こんなに高くなってしまうんですね。また、TBCやミュゼは全身脱毛といっても全てのパーツが含まれるわけではありません。

一方で個人経営の脱毛サロンでは、全身脱毛1回あたり20,000~30,000円の価格帯が多く、大手の脱毛サロンの中では高いと感じる脱毛価格が個人サロンでは標準という印象です。ただし、全身脱毛1回で40,000円以上かかる個人サロンは、滅多にありません。

価格面でのメリット・デメリット

メリットデメリット

大手脱毛サロンと個人サロンを比較してみると、以下のような特徴が見えてきました。

大手脱毛サロン

チェック安いお店…全身脱毛1回あたり15,000円台
チェック高いお店…全身脱毛1回あたり30,000~40,000円超えもあり
チェック価格を公表している
チェック価格が安定している
チェック割引キャンペーンを使える

 

【個人脱毛サロン】

チェック安いお店…全身脱毛1回あたり10,000円程度
チェック高いお店…全身脱毛1回あたり30,000円程度
チェックカウンセリングで正規料金を知らされることもある
チェック価格が安定しない
チェックポータルサイトのクーポンを使える

個人経営の脱毛サロンの方が、選び方によってはかなり安く脱毛を受けられますが、

チェック青 全身脱毛1回あたり10,000円台のお店は少ない
チェック青価格が安定していない

などがデメリット。お店の経営状態や美容機器の購入などを理由に、ある日いきなり値上げをしてしまうこともあります。大手の脱毛サロンは、安くても全身脱毛1回あたり15,000円台ですが、価格の変動がなく安定しています。

ラココのように、分割払いの頭金なし手数料なしという良心的な脱毛サロンもありますよ。

大手脱毛サロンと個人脱毛サロンを施術時間で比較

時間

施術時間の違いは、脱毛機の違い。脱毛機の照射スピードが速ければ施術時間は短いですが、それ以外でも、大手サロンと個人サロンには微妙な違いがあるようです。

施術が速い脱毛サロン

速い

施術時間が速い脱毛サロンといえば、大手では「ラココ」一択なぜなら、ラココが導入している脱毛機ルミクスA9は毎秒10ショットの高速連射ができる脱毛機だからです。そのためラココは、全身脱毛約30分というスピーディ脱毛を実現しています。

業務用の美容脱毛機には、

番号1秒1ショットの単発式マシン
番号1秒に2~10ショットの連射式マシン

がありますが、注意しておきたいのが

チェック「毎秒10ショット」なのか
チェック「最大で10ショット」なのか

という点です。マシンの性能によっては、1秒間に10ショット可能ではあるものの内部に熱がこもってしまい連続施術ができないものもあります。

個人サロンでも基本的には同じですが、施術者が1人(オーナーのみ)の脱毛サロンは、同じ機械を使っていても施術時間はやや長く取っている印象ですね。

例えばラココと同じルミクスA9を導入している脱毛サロンでも、ラココは全身脱毛が約30分で終わり、個人サロンはさらに+30分ほど余裕を持って案内しているようです。

施術に時間がかかる脱毛サロン

遅い

全身脱毛の施術時間が長い脱毛サロンでは、大手サロンでは

番号ミュゼプラチナム
番号脱毛ラボ
番号キレイモ

などがあげられます。

チェックミュゼプラチナム…ジェル&ライトの脱毛方法なので、ジェルの塗布や拭き取りに時間がかかる
チェック脱毛ラボ…ミュゼと同じ
チェックキレイモ…1秒に1ショットの単発式脱毛

上記の脱毛サロンは、公式サイトでそれぞれ「全身脱毛が約90分」と案内しています。この場合、

番号サロン店頭での受付
番号着替え
待機
番号施術後のクールダウン
番号身支度

などを入れると、サロン滞在時間にして120分超えは間違いないでしょう。個人経営の脱毛サロンを選ぶ時も、脱毛方法に注目しておきたいですね。

ミュゼプラチナムや脱毛ラボの「S.S.C.M脱毛」は、抑毛ジェルを塗ってから光を照射する仕組みなので、同じ脱毛方法を採用している個人サロンも恐らく120分ほどの滞在になると考えられます。

施術時間でのメリット・デメリット

メリットデメリット

施術時間に関しては、大手脱毛サロンも個人脱毛サロンも、それほどの開きはありません。脱毛機によって大きく左右されることなので、大手だから・個人だからという違いは少ないようです。

ただし、個人経営の脱毛サロンはスタッフが少ないことが予想されるため、同じ脱毛機でも大手に比べるとやや時間がかかりそう

施術スピード自体も、スタッフ1人1人がしっかり研修を受けてからお店に出るシステムの大手サロンに比べ、脱毛機メーカーのレクチャーを受けるだけの個人サロンスタッフでは、技術力に差があるかもしれませんね。

大手脱毛サロンの場合、お店の混み具合にもよりますがスタッフ複数人で施術に入ってくれることもあり、その分施術時間が短くなるというメリットもあります。

大手脱毛サロンと個人脱毛サロンを予約の取りやすさで比較

予約

脱毛サロンに通う上で気になるのが、予約の取りやすさ。通いたいのに予約が取れなくて通えないというのは、脱毛の大きなストレスになってしまいます。

予約が取りやすい脱毛サロン

予約ok

施術時間が速ければ速いほど、お客の回転が良くなり予約が取りやすくなります。この点でいうと、大手の脱毛サロンの中でもっとも予約が取りやすいのは、ラココサロン滞在時間が1時間ほどなので、仕事帰りにサロンに寄る女性も多いようです。

その他、予約を取りやすいよう工夫しているのは、以下の脱毛サロン。

番号脱毛ラボ…ほとんどの店舗が22時まで営業している
番号銀座カラー…初回の6回分の予約を一気に取れる

とはいえ、

チェック青脱毛ラボ・・・1回の施術に時間がかかる
チェック青銀座カラー・・・回数を重ねるにつれ4ヶ月おき5ヶ月おき~と間を置かなければいけない

という難点も。残念ながら、大手の脱毛サロンでも、本当に予約が取りやすいといえるサロンは少数です。

個人サロンでも脱毛機によって予約の取りやすさは変わってきますが、営業時間外の相談に応じてくれるお店もあります。また、部分脱毛メニューのみというサロンも多く、そういうお店は比較的予約が取りやすいと考えられます。

予約が取りづらい脱毛サロン

予約が取れない

予約が取りづらい脱毛サロンの特徴として、以下の3つがあげられます。

番号施術時間が長い
番号お試しキャンペーンなどの新規客が多い
番号WEB予約のみ

施術に時間がかかり、常に新規限定のキャンペーンを開催しているミュゼプラチナムは、予約が取りづらいという口コミ多数。店舗数は多いですが、予約問題の解消には時間がかかりそうです。

一方で個人脱毛サロンの予約事情ですが、こちらは以下のような特徴に注目しましょう。

チェック貸し切り制のサロン
チェック施術者が1人のサロン
チェック脱毛以外のメニューが豊富なサロン

ワンゲスト制の脱毛サロンはお客が入れ替わりになるため、1日の予約枠が5~6件というケースも。サロンの予約状況に合わせて通える人でなければ、定期的に通うのは難しいでしょう。

また、フェイシャルや痩身といったメニューも提供しているトータルエステサロンの場合、脱毛の受付数が少ないことも考えられます。個人サロンに行くなら、この点も注意しておきたいですね。

予約面でのメリット・デメリット

メリットデメリット

予約が取りやすいかどうかは、施術時間の短さ

番号脱毛機の施術スピード
番号脱毛方法

などによって変わってきます。その上で、大手脱毛サロンと個人脱毛サロンの特徴は、以下のようになりました。

【大手脱毛サロン】

チェックベッド数が10台以上の大型サロンがある
チェック年中無休で営業しているサロンが多い
チェック営業時間が長いサロンが多い

 

【個人脱毛サロン】

チェック営業時間外に対応してくれるサロンもある
チェック1日分の予約枠が比較的少ない
チェック希望の時間ぴったりの予約は難しい

こうして見ると、どちらかというと大手の脱毛サロンの方が予約が取りやすい印象ですね。

予約が取りやすい大手脱毛サロンといえばラココが断トツですが、スケジュールを自由に変えられる生活を送っている人なら、ワンゲスト制の個人サロンもありかもしれません。

大手脱毛サロンと個人脱毛サロンの脱毛プランを比較

プラン

次に比較するのは、脱毛プランです。脱毛したいパーツによって、どちらが向いているかわかりますよ。

大手脱毛サロンの脱毛プラン

プラン

大手の脱毛サロンは、やはり全身脱毛がメイン。中には全身脱毛しか受け付けていないサロンもあり、ムダ毛が気になるパーツだけを安く脱毛したい人にとっては、大きなデメリットとなります。

全身脱毛のみの脱毛サロンは、主に以下の4社です。

番号キレイモ
番号恋肌
シースリー
番号銀座カラー

露出の多い手足だけをお手入れしたいという人や、ワキだけVラインだけという狭いパーツのムダ毛を脱毛したい場合、高額で時間もかかる全身脱毛のみというのはあまり嬉しくないですよね。

また、部分脱毛プランはあるものの全身脱毛に比べてコスパが悪くなってしまう脱毛サロンも。一方で、好きなパーツと回数を自由に組み合わせられるオーダーメイド脱毛プランがある、ラココのような脱毛サロンもあります。

個人脱毛サロンの脱毛プラン

プラン

対する個人サロンは、逆に部分脱毛しか受け付けていないというお店も多数。全身脱毛プランがあっても、顔やVIOは含まれないというお店も多いです。

部分脱毛の場合は、1回の施術時間も短くて済むので、空いた時間でちょっとムダ毛のお手入れをするといった感覚で通えるのがメリットですね。

また、個人サロンは自由度が高いところも大きな魅力。カウンセリングでムダ毛悩みを相談し、メニューにはないプランを組んでくれるサロンも少なくありません。

脱毛プランのメリット・デメリット

メリットデメリット

番号全身脱毛がメインの大手脱毛サロン
番号部分脱毛のみも少なくない個人脱毛サロン

あなたに向いているのは、どちらでしょうか?

【大手脱毛サロン】

番号身脱毛プランが必ずある
番号部分脱毛にするとコスパが良くない
メニュー以外は提供していない

 

【個人脱毛サロン】

番号身脱毛をやっていないところも多い
番号メニュー以外も相談に乗ってくれる

なんとなく個人サロンの方が便利なイメージもありますが、部分脱毛は施術を繰り返していくうちに「脱毛していないパーツ」が目立つというデメリットがあります。例えば、ヒザ下のムダ毛がキレイになくなると、太ももの産毛が目立ってしまうという具合です。

後から他のパーツも追加で施術を受けるというケースも少なくないので、初めから全身脱毛に決めてしまった方が、結果的にはコスパが良いともいえます。

大手脱毛サロンと個人脱毛サロンの雰囲気を比較

比較

大手サロンと個人サロンの一番の違いは、サロンの雰囲気ではないでしょうか?プライベートサロンにあこがれる多くの人が、外観や内装を理由としてあげています。

大手脱毛サロンの特徴

ポイント

サロンの規模や地域によって多少の違いはありますが、大手脱毛サロンの雰囲気というと次の5つが当てはまるのではないでしょうか。

番号清潔感のあるカラーで統一されている
番号ビルやショッピングモールのテナントで入っている
施術室やカウンセリングルームはそれほど広くない
番号カーテン仕切りの施術室もある
番号店構えで「脱毛サロン」とわかる

どの脱毛サロンも、白×青や白×ピンクといったイメージカラーがあり、個性的なサロンは多くありません。外観や内装はもちろんのこと、スタッフのユニフォームも同系色で統一されていることが多いですよね。

サロン内にはウェイティングスペースと受付カウンターがあり、規模にもよりますが廊下の左右に施術室が並んでいるというのが普通です。施術室はベッド1台と棚、脱毛機を置くスペースがあるくらいで、それほど広くはありません。

ベッド数が多い店舗の場合、施術室はカーテンで仕切られているだけというお店もあります。

個人脱毛サロンの特徴

ポイント

一方で、個人経営の脱毛サロンは、オーナーのセンスによって千差万別。パッと見では脱毛サロンとわからないお店も多いので、周りの目を気にせず通えるというメリットもあります。

番号シンプルなお店から個性的なお店までさまざま
番号マンションの1室や一軒家サロンが多い
施術室を広くとっている
番号店構えからは「脱毛サロン」とわからないお店も多い
番号男女兼用のサロンが多い

個人サロンの中には、古民家風のお店や外国の住宅のようなステキなお店もたくさん!リビングスペースのソファでくつろぎながらカウンセリングを受けたり、陽の光が差し込む広い部屋にベッドが置かれていたりと、贅沢な雰囲気を味わうこともできます。

その一方で、マンションの1室を改装してサロンにしている「隠れ家」的なお店もあり、脱毛サロン通いを知られたくない人にとっては嬉しい環境ですよね。ただし、どんなに立派で素敵なプライベートサロンでも、男女兼用のお店が多いという難点もあります。

サロン雰囲気のメリット・デメリット

メリットデメリット

脱毛サロンの雰囲気に関しては、まさに好みの問題。どちらが良いとはいえませんよね。その上であえて特徴をまとめてみると…。

【大手脱毛サロン】

番号シンプルで万人受けする店づくり
番号清潔感がある
脱毛サロンであるとわかる

 

【個人脱毛サロン】

番号個性的でおしゃれなサロンが多い
番号好みが分かれる
脱毛サロンだとわからない

大手脱毛サロンは、良くも悪くもシンプルです。一目で脱毛サロン・エステサロンだとわかってしまうので、初めての人は入りづらいと感じることもあるかもしれません。

ですが最近の風潮では、脱毛サロン=恥ずかしい場所ではなく、美意識が高い女性が通う場所なので、それほど気にする必要はありませんよ。

大手脱毛サロンのメリット・デメリットまとめ

メリットデメリット

さまざまな角度から比較してみると、大手脱毛サロンのメリットとデメリットが見えてきました。

【大手脱毛サロンのメリット】

番号身脱毛がメインで価格が安定している
番号全国に店舗があり引っ越し先でも安心
口コミなどの情報が多い
番号企業実績があり安心して通える

 

【大手脱毛サロンのデメリット】

番号部分脱毛には向いていない
番号見た目で脱毛サロンとわかる

大手の脱毛サロンといっても、安いところ高いところ、施術に時間がかかるところかからないところ、さまざまあります。つまり、大手だったらどのサロンでも大丈夫、というのは間違いです!

大手脱毛サロンに通うなら、

チェック式HPの宣伝
チェック脱毛機の特徴
チェック信憑性のある口コミ

などをしっかり調べてサロン選びをしたいですね。

個人脱毛サロンのメリット・デメリットまとめ

メリットデメリット

対する個人脱毛サロンのメリットとデメリットはこちら。

【個人脱毛サロンのメリット】

番号おしゃれなお店が多い
番号部分脱毛が安い
自由度が高い
番号見た目だけでは脱毛サロンとわからない

 

【個人脱毛サロンのデメリット】

番号1店舗しかない
番号価格が安定しない
情報が少ない

その地域に1店舗しかないというスペシャル感はあるものの、引っ越しの可能性がある仕事をしている人にはおすすめできない のが個人サロン。

チェック青格の変動
チェック青臨時休業
チェック青閉店のリスク

などもあります。脱毛そのものに関しては大手脱毛サロンの方が安心なので、個人サロンを選ぶ決め手はサロン雰囲気になりそうです。

いろいろなデメリットやリスクをふまえ、それでもこのサロンに通いたい!といえるだけの魅力がなければ、大手の脱毛サロンにした方が無難ですよ。

まとめ

まとめ

いかがでしたか?大手の脱毛サロンと個人経営のプライベートサロンを比較して、どちらが自分に向いているかわかってきたのではないでしょうか?どちらを選ぶにせよ、肝心の脱毛がうまくいくかどうかは脱毛機にかかっています

個人脱毛サロンでも、性能が良い脱毛機を導入しているお店であれば、大手と変わらない効果が得られるでしょう。その上でさらに、大手脱毛サロンと個人脱毛サロンのメリット・デメリットを考慮し、最後まで楽しく通える脱毛サロンを見つけてくださいね。

脱毛機の特徴や脱毛効果については、当サイトの脱毛機調査記事もぜひ参考にしてください!

 

脱毛サロンの最近記事

  1. 脱毛サロンで考えられるトラブル6つ!対処法と事前の注意点を解説

  2. こんな脱毛サロンは解約するべき!?脱毛サロンを解約する時の方法

  3. 大手脱毛サロンと個人経営のエステサロン!通うならどちら?メリット・デメリット比較

  4. 敏感肌におすすめの脱毛サロン5選|肌が弱くても安全に脱毛できるサロンは?

  5. 剛毛さんにおすすめの脱毛サロン厳選5社!悩みを解決してくれるサロンは?

関連記事

PAGE TOP