脱毛効果の無い脱毛ってご存知!?脱毛効果は脱毛機やサロンスタッフで変わります。脱毛を成功する為の脱毛サロン選びのヒントが満載。

  1. 脱毛サロン
  2. 9 view

脱毛サロンではほくろ周辺は施術NG?ほくろ周りも脱毛してくれるサロン3選

ほくろ

脱毛サロンの光脱毛って、

  • ほくろがあるパーツは施術してもらえないって本当?
  • ほくろが多い人は、どうすれば良いの?

と、気になっていませんか?大手の脱毛サロン公式HPに書いてある、注意事項やQ&Aなどを見てみると、照射できないパーツとして「ほくろ」があげられていることがほとんどです。

  • なぜ、ほくろがあるパーツは脱毛してもらえないのでしょうか?
  • 毛が濃い部分に、たくさんほくろがある場合は?

この記事では、これから脱毛サロン通いをしようと思っている人にお役立ちの、脱毛サロンでのほくろ事情を特集します。

チェックほくろ周りのムダ毛を脱毛してもらえない理由
チェックほくろがあるパーツの対応
チェックほくろがあっても問題なく脱毛してもらえる脱毛サロン

など脱毛サロンに行きたいけれど、ほくろが多くて心配している人は、ぜひ参考にしてください。

脱毛サロンではなぜほくろ周辺の施術をしてもらえないの?

疑問

はじめに、脱毛サロンでほくろ周辺の施術をしてもらえない理由を説明します。ほくろ以外にもNGな場所があるので、しっかりチェックしてくださいね。

光を吸収しすぎるため

メラニン色素

ほくろは、メラニン色素をはじめとした細胞(メラノサイト)が皮膚の一部にのみ集まった状態です。皮膚の色の元となるメラニンのかたまりなので、周りの皮膚よりも色が濃くなってしまうのです。

脱毛サロンの光脱毛は、まさにそのメラニンを介して毛根にダメージを与える「IPL脱毛」が主流。メラニン色素が吸収しやすい光を照射するため、体毛に限らずメラニンが濃いパーツに高い温度の光を受けてしまいます。

メラニン色素が高い密度で集合している状態のほくろは、脱毛機の光を吸収しやすい危険なパーツなのです。IPL脱毛機の光の温度は70~80℃ですから、その熱を過剰に吸収することによって熱傷などの肌トラブルが予想されます。

また、熱刺激による痛みも感じやすい といわれています。

編集部
スタッフ

つまり、脱毛サロンでほくろへの照射ができない理由は、肌トラブルのリスクを防ぐためなんですね。

【注意・1】ホクロ以外にも施術NGのパーツがある

ng

光を吸収することによって起こる肌トラブルを防ぐためには、ほくろ以外のパーツにも注意が必要です。基本的にほくろNGとしている脱毛サロンでは、以下のパーツも照射してもらえません。

チェックシミ
チェック日焼け肌
チェック色素沈着

施術NGの理由は、ほくろと同じです。顔、肩、手の甲などにシミがある人は要注意ですね。また、

チェック仕事上の都合で外に出る機会が多い人
チェック日焼けしやすい肌質の人

などは、脱毛期間中の日焼け対策を徹底しなければなりません。

色素沈着しやすいパーツといえばデリケートゾーンがあげられますが、多くの脱毛サロンでは「IOラインの中心部より指1本分の隙間を空けて照射する」ところが多いようです。毛量によっては、脱毛後の仕上がりがかなり残念なことになってしまいます。

【注意・2】産毛には効果がない

ng

メラニン色素が光を吸収することで、脱毛機の熱エネルギーを毛根に集めてダメージを与えるということは、逆をいうと「メラニン色素がなければ光を吸収することができない」ということです。

つまり、メラニン色素が含まれていない体毛は、脱毛機の光を当てられても反応することがなく、毛根にダメージを与えることができません。

チェック産毛
チェック金髪
チェック白髪

ほくろNGの脱毛サロンは、こういった毛質の脱毛も不可能です。何回施術を繰り返しても、何年脱毛サロンに通っても、メラニン色素がない毛は変化することがありません。顔や背中もツルツルにしたい!と思っている人は気をつけてくださいね。

 

編集部
スタッフ

ほくろ周りのムダ毛は別に気にしない!という人が多いかもしれませんが、ほくろNGということはシミ・日焼け・色素沈着、さらに産毛もNGということなんですよ。

 

脱毛サロンでのほくろへの対処は?

ほくろ

では実際に、脱毛サロンではほくろへの対処をどのようにしているのでしょうか?主な例と、注意点を見ていきましょう。

シールorペンで隠す

脱毛シール

もっとも一般的なのは、白いシールやペンでほくろを隠すという方法です。脱毛機の光は黒い色に反応するため、ほくろに光が集まらないように白い色でカバーしてしまうということですね。この方法ならば、ほくろの上から光を当てても安心です。

もっとも、全身のほくろをすべて完璧に隠すわけではなく、色素の薄い小さなほくろはスルーされることもあるようです。

ほくろを避けて施術する

ほくろ

ほくろの数が多く一ヶ所にいくつも集中している場合は、そのパーツを避けて照射されることもあります。小さなほくろ1つ1つにシールを貼る作業は、なかなか大変ですからね。

脱毛サロンでは、施術パーツをきちんとマーキングしてから当て漏れのないように照射をしてくれます。間違ってほくろパーツに光が当たって火傷をしてしまった…という可能性は低いので、安心してお任せしましょう。

【注意・3】ほくろを隠す時のデメリット

デメリット

メラニン色素に反応するタイプの脱毛機を導入している脱毛サロンでは、だいたい上記のような対応をしてくれます。ただ、これには大きなデメリットも。

チェック青ほくろを隠すのに時間がかかる
チェック青ほくろの中心orキワのムダ毛は脱毛できない

当然ですが、目立つほくろ1つ1つをシールやペンで隠し、施術後にシールをはがしたりペンの跡を消したりするには、それなりの時間がかかります。つまり、その分だけ施術時間が長くなってしまうということです。

自分以外のお客も同じ対応をしてもらっていると考えると、

番号1人1人の準備に時間がかかって施術時間が長くなる
番号来店後の待機時間も長くなる

というデメリットがあります。また、ほくろそのものやほくろの際に生えているムダ毛には、光を当てられない可能性も高いですよね。腕やヒザ下など人目につきやすいパーツにほくろがある人は、脱毛後の仕上がりに満足できないかもしれません。

脱毛前にほくろを消すことはできる?

スキンケア

何かと厄介なほくろ。せっかく脱毛を始めるなら、その前に目立つほくろだけでもなんとかしたい!と思う人も多いでしょう。そこで、ほくろを消す方法をいくつか調査してみました。

美容クリニックでのほくろ除去

脱毛ほくろ

もっとも安全なのは、美容クリニックでのほくろ除去ではないでしょうか?専門医が、ほくろの質や大きさに合わせて施術方法を案内してくれるため、最適な治療を受けることができます。

番号レーザー治療
番号電気メス
切開手術

高い確率でほくろをキレイに除去することができ、さらに美容皮膚科医にお任せできるというメリットはありますが、痛みやダウンタイムがあるといったデメリットも。

治療費もそれなりに高く、施術方法によってほくろ1つにつき5,000~10,000円くらいはかかるようです。

セルフケアでほくろ除去

お灸

あまりおすすめはできませんが、

チェッククリーム
チェックお灸

などでほくろを薄くするという方法もあります。市販・通販で購入可能なのは

番号ハイドロキノン入りの美白クリーム
番号ほくろ取りのお灸
家庭用レーザー

などですね。ただしこの場合、完全に「除去」できる可能性は限りなく低いと考えておきましょう。気長にケアをして、薄くなるという程度ではないでしょうか。

脱毛サロンによっては、周りの肌とそれほど色が変わらない薄いほくろはOKとしているところもあるので、この点は事前に確認しておきたいですね。また、セルフケアでのほくろ除去は自己責任です!安易に手を出すのは、やはりおすすめできません。

【注意・4】脱毛を始めるのが遅くなる

費用

ほくろにばかり気を取られていては、肝心の脱毛が後回しになってしまいます。美容クリニックでの本格的なほくろ除去はお金がかかりますし、施術方法によってはアフターケアを含めて1ヶ月以上かかるケースも。

セルフケアにいたっては、ほくろは薄くなるかもしれませんが完全に消えるかどうかはわかりませんそもそもの目的は脱毛のはず!脱毛するのに邪魔なほくろを消すのは悪くはありませんが、早く脱毛完了したいなら、回り道はやめてましょう。

編集部
スタッフ

脱毛したいけどほくろが邪魔でキレイに脱毛できないかも…と心配な人は、ほくろOKの脱毛サロンを選ぶことで悩みが解決しますよ!早速、ほくろOKの脱毛サロンを見ていきましょう♪

ほくろOKの脱毛サロン3選

ランキング

ここで、ほくろがあっても施術OKの脱毛サロンを3社紹介します。脱毛機の特徴もあわせて、詳しく解説していきます!

ラココ

脱毛サロンLACOCO 公式
引用元:ラココ公式

脱毛機 ルミクスA9
脱毛方法 SHR脱毛
ターゲット すべての毛の毛包
脱毛価格 顔とVIOを含む全身脱毛
5回79,000円
全身脱毛1回あたりの単価 15,800円
全身脱毛の施術時間 約30分
来店ペース 1ヶ月に1回
店舗数 全国69店舗

ラココは、SHR脱毛機の「ルミクスA9」を導入している脱毛サロンです。国内生産している業務用美容脱毛機の中では最高のスペックを誇るルミクスA9は、脱毛効果も施術時間も仕上がりのキレイさも、群を抜いています。

そのことから、ラココは「ルミクス脱毛サロン」という名前でも知られています。ルミクスA9は、メラニン色素には反応せず全ての体毛の毛包に、低い温度の熱を与える仕組みです。そのため、

チェックほくろ
チェック日焼け肌
チェック色素沈着パーツ
チェック産毛
チェック金髪

なども施術OK!頭部と目の周り以外は、どんなパーツのムダ毛もしっかり脱毛できる 、とても優秀な脱毛サロンです。

 

編集部
スタッフ

ラココのルミクスA9は、マシン電圧が200Vのハイパワー脱毛機です。SHR脱毛というと、脱毛効果が弱いイメージがありますが、ラココに限ってはそんな心配もありません。

ディオーネ

ディオーネ公式
引用元:ディオーネ公式

脱毛機 カレン
脱毛方法 ハイパースキン脱毛
ターゲット 生える前の毛の発毛組織
脱毛価格 VIOを含む全身脱毛
6回210,000円
全身脱毛1回あたりの単価 35,000円
全身脱毛の施術時間 120分~
来店ペース 1ヶ月に1回
店舗数 全国120店舗
(公式サイトによる)

続いて、ハイパースキン脱毛サロンのディオーネ。痛みがなく、

チェックアトピー肌
チェック敏感肌
チェックキッズ

なども脱毛OKなディオーネの脱毛の特徴は、脱毛機「カレン」にあります。カレンは、発毛前の「毛の種」にアプローチする脱毛機。生えようとする毛細胞の働きを邪魔する仕組みなので、毛の色や質には左右されません。

そのため、メラニン色素の濃いほくろや日焼け肌にも問題なく光を照射することができ、身体中のすべての毛を脱毛することができるんですね。照射温度が体温と同じ程度というメリットもあり、痛みをほぼ感じないという脱毛サロンです。

編集部
スタッフ

ただしディオーネのハイパースキン脱毛は「抑毛」の効果しかなく、サロン通いをやめると毛が普通に生えてくるという大きなデメリットがあります。脱毛効果を持続させたい人には、ちょっと不向きですね。

ストラッシュ

ストラッシュ公式

引用元:ストラッシュ公式

脱毛機 バイマッハ
脱毛方法 SHR脱毛
ターゲット すべての毛の毛包
脱毛価格 顔とVIOを含む全身脱毛
6回95,760円
全身脱毛1回あたりの単価 15,900円
全身脱毛の施術時間 約60分
来店ペース 1ヶ月に1回
店舗数 38店舗

SHR脱毛をいち早く取り入れた脱毛サロン、ストラッシュ。脱毛機の中でも人気の機種の「バイマッハ」を導入しています。ラココ同様、SHR脱毛はメラニン色素に反応しない光を照射するため、ほくろ部分の施術も問題ありません

ただ、ストラッシュの脱毛機バイマッハには、少々不安を感じる点も。実は、バイマッハを導入している他の大手脱毛サロンや個人サロンを詳しく調べてみると、ほくろや日焼け肌への照射をNGとしているところがほとんどなんですね。

ストラッシュ公式HPでも、ほくろOK・日焼け肌OKとしていますが、もしかすると施術の段階で「このほくろは色が濃すぎるのでNG」といわれてしまうこともあるかもしれません。

ほくろに照射しても肌トラブルが起きないよう、マシンの出力を最低まで下げている可能性もあります。その場合、脱毛効果にも影響してくるので要注意ですね。

まとめ

まとめ

全身のムダ毛をくまなくキレイに脱毛するのに、大きな障害となってしまうほくろ。ほくろを隠すのに時間がかかったり仕上がりに影響したり、まるで良いことがありません。美容クリニックなどでのほくろ除去も、脱毛を遅くするばかりです。

また、ほくろNG=他にも施術できないパーツがあるというのも、大きな落とし穴ですよね。もっともおすすめの解決策は、ほくろOKの脱毛サロンを選ぶことです。

番号ラココ…ほくろOKで脱毛効果も申し分なし
番号ディオーネ…ほくろOKで痛みもないけど脱毛効果は低い
ストラッシュ…ほくろOKだけど真実は??

あなたは、どの脱毛サロンを選びますか?当サイトの脱毛機情報や体験談も、ぜひ参考にしてくださいね!

 

脱毛サロンの最近記事

  1. 脱毛サロンで考えられるトラブル6つ!対処法と事前の注意点を解説

  2. こんな脱毛サロンは解約するべき!?脱毛サロンを解約する時の方法

  3. 大手脱毛サロンと個人経営のエステサロン!通うならどちら?メリット・デメリット比較

  4. 敏感肌におすすめの脱毛サロン5選|肌が弱くても安全に脱毛できるサロンは?

  5. 剛毛さんにおすすめの脱毛サロン厳選5社!悩みを解決してくれるサロンは?

関連記事

PAGE TOP