脱毛効果の無い脱毛ってご存知!?脱毛効果は脱毛機やサロンスタッフで変わります。脱毛を成功する為の脱毛サロン選びのヒントが満載。

  1. 脱毛の基本
  2. 86 view

VIO脱毛で失敗しない方法☆誰にも聞けないVIO脱毛の裏側を全公開!

失敗しない

VIO脱毛をしたいけど、実際のところどういうものなの?みんなはデリケートゾーンのムダ毛を、どうしているの?……と思っていませんか?

部分脱毛の中でも人気が高いパーツであるVIO。全身脱毛のセットコースでも、VIOが含まれているかどうかは大事なポイントになっています。
何年か前までは、脱毛といえばワキ、手脚などが一般的でしたが、現代では身体のすみずみまでムダ毛処理をすることが当たり前なんですね。

ですが脱毛自体、まだまだデリケートな分野ですし、
ましてや「ねぇねぇVIOのムダ毛ってどうしてる?」なんて、仲の良い友達にだって聞けません。VIOの脱毛を検討し始めて、まずやることはインターネットの情報収集ではないでしょうか

そこでこの記事では、気になっているけど今さら聞けないVIO脱毛の基本や、知りたいけれど恥ずかしくて聞けない些細な疑問まで一気に解決!ブックマーク必須の「VIO脱毛の教科書」をお届けします。
悩みや不安を解消し、VIO脱毛への一歩を踏み出しましょう。

VIO脱毛とは

VIOとは、普段は下着に隠されているデリケートゾーンの総称です。

    • V=ビキニライン、トライアングル
    • I=外陰部の左右
    • O=ヒップ奥

見た目の形から、VIOと呼ばれるようになったんですね。人間の身体の大切な部分を守るため、太くて硬い毛が密集しています。
これまでは、ショーツからはみ出るムダ毛をカットしたり軽く剃ったり……という処理方法が一般的でしたが、今ではムダ毛を完全になくしてしまう「脱毛」が主流です。脱毛サロンやクリニックでムダ毛をお手入れするのが常識になりつつあることに加え、VIO脱毛のメリットが知られるようになってきたこともあるでしょう。

VIO脱毛の嬉しいメリット
    • 生理の時にムレない
    • 排泄物が付着しないので清潔
    • 臭いを防ぐ
    • 見た目がキレイ
    • 女子力UP
「VIO脱毛は恥ずかしいけど、お手入れしていないことで恥ずかしい思いをするよりマシ」という考えが、年齢に関係なく、多くの女性の間で普通になってきているんですね。

男性側も、「ある程度は処理していて欲しい」という意見が多数。
完全に無毛の状態ではドン引きされてしまうのでは?と思いきや、意外にそんなこともない様子です。
逆に、まったくの未処理で放置する=美意識が低いと見られてしまうようです。

そんなVIO脱毛ですが、イメージとしては昔も今も、

痛い
恥ずかしい
時間がかかる
お金がかかる

というネガティブなもの。多くの人が、このイメージを「VIO脱毛のデメリット」としてとらえているようです。

VIO脱毛は…痛い!

 痛いさて、VIO脱毛の強いイメージとして先ほども挙げた「脱毛時の痛み」。実際には、どのようなものなのでしょうか?

VIO脱毛体験者の口コミ

VIO脱毛の体感を、一番わかりやすくおしえてくれるのは、なんといっても体験者の感想です!早速、口コミを検証していきましょう。

初回の施術は、全身汗ばむくらい痛かった。
痛いより熱いです。終わってからも熱を持っているような感覚が続きました。
飛び上がるほど痛いだろうと覚悟して行ったせいか(?)想像していたよりは痛くなかった。
Iラインは激痛。
痛いけど、回数を重ねるごとにマシになってきたような?
痛みよりも恥ずかしさが先にくる。

人一倍痛みに弱いので、「痛くない」といわれる脱毛サロンを選びました。半信半疑でしたが本当に痛くありませんでした。

痛みの感じ方は人それぞれですが、まったく痛くない・熱くないということはなさそうです。
とにかく痛いのだけは避けたい!という人は、口コミにもあるように、痛みの少ない脱毛機を導入している脱毛サロンを選ぶのが一番ですね。

痛い理由は毛質と肌質

VIO脱毛が、身体の他の部位に比べて痛みを感じやすい理由。それは、毛質と肌質にあります。

脱毛にはさまざまな種類がありますが、多くの脱毛サロンと医療脱毛クリニックで受けられるものが、メラニンが脱毛機の光を吸収して毛根にダメージを与えるという脱毛法です。
脱毛サロンでは「IPL脱毛」、クリニックでは「ショット式」」や「熱破壊式」と呼ばれます。

ポイントとなるのが、メラニン
体毛や肌の色の元です。メラニンが光に反応するということは、色素が濃ければ濃いほど、熱を吸収しやすくなるんですね。
VIOのムダ毛は、体毛の中でも「剛毛」と呼ばれるように頑丈です。黒々とした剛毛に当然反応し、下着との擦れによって肌の色も黒ずみやすくなるので、この黒ずみにも熱をが反応してしまい、痛さを感じやすくなりますまた、皮膚が薄くデリケートであるため、脱毛機の光が必要以上の刺激になってしまうのです。

脱毛方法が違うSHR脱毛
逆にいうと、メラニンと光の仕組みを利用していない「SHR脱毛」「蓄熱式」ならば、VIO脱毛のデメリットはぐっと減るでしょう。

実際のVIO脱毛はこんな感じ

VIO続いて、VIO脱毛はどのようにして進められていくのかを追っていきましょう!脱毛サロンによって異なる部分もありますが、ぜひ参考にしてください。

施術前のカウンセリング

カウンセリング脱毛サロンには、全身脱毛専門のサロンと部分脱毛のセットプランがあるサロン、または好きなパーツを自由に組み合わせられるオーダーメイドプランがあるサロンがあります。

VIOだけを脱毛したいという人にとって、全身脱毛のみのサロンは不向き。かかる金額も、かなり違ってきますからね。
気になるサロンがあれば、まずは脱毛プランを必ずチェックしてください。

実際にカウンセリングに行って、必ず相談しておきたいのは、
どのくらいの回数が必要で、どの程度までキレイに脱毛できるか」ということ。
VIOは、実際に施術に入ったところで、肌質により脱毛範囲が狭まるという可能性もあります。粘膜部分のギリギリまで照射してくれるかどうかも、サロンによって違います

どこのサロンへ行っても、『VIO脱毛=ツルツルになれる』という思い込みは、まずは捨てましょう
せっかくお金を時間を使って、結果が期待外れだったということにならないように、できるだけ詳しく話を聞いてくださいね。

施術時の服装

服装VIO脱毛のみの場合、服は全部脱がずに下だけでOKというサロンがほとんどです。ワンピースやサロペットはやめて、着脱しやすい服装で行くのがおすすめです。

気になるのは、VIO脱毛用の使い捨て紙ショーツですが、これはサロンによってさまざま。
基本的に紙ショーツをはいて、照射部分だけ紙をずらして行うサロンもありますし、照射もれのないように何もはかずに施術を受けることをおすすめされるサロンもあります。
くまなくキレイになりたいなら、「何もはかずに施術」スタイルのサロンが良いでしょう

もちろん、着替えて施術を待つ間に身体にかけるタオルなどは用意されているので、安心して大丈夫です。

施術時の体勢

うつ伏せ意外と気になってしまうのが、「どういう体勢で脱毛をするの?」ということ。いくら女性スタッフが施術をしてくれるといっても、やっぱり不安になってしまいますよね。

サロンでのVIO脱毛は、もちろん婦人科の診察台のようなものではなく、普通のベッドで行います。

VIO脱毛の体勢
  • Vゾーン…仰向けで施術
  • Iライン…仰向けで施術(照射部位によって膝を曲げ、横に倒して行う)
  • Oライン…うつぶせで施術

すべてスタッフさんが優しく誘導してくれるので、リラックスしてお任せしちゃいましょう。VIOのみの脱毛なら、施術が速い脱毛機ならばほんの数分で終了します。

施術後のケア

VIO保湿照射の後は、その場でクールダウンや保湿ローションによるお手入れがあります。

脱毛機の光によって肌が乾燥するのを防ぐためですが、その場のケアだけで終わらせてしまうのではなく、入浴後にも保湿を念入りに行いましょう。VIOの皮膚は薄くダメージを受けやすいので、熱の感覚が残っている時はしっかり冷やしてくださいね。下着は、肌に優しいコットンやシルク混の素材で、締め付けの少ないものがベターです。

VIO脱毛の注意点

さて、VIO脱毛を始める前にいくつか注意しておきたいことがあります。簡単に紹介していきますね。

VIOの形を決めておく

VIO 形VIO脱毛といっても、必ずしも全部なくす必要はありません。ただボリュームを減らしたいだけなら、少ない回数でもOK。カウンセリングに行く前に、ある程度は計画を立てておくと良いですよ。

1全体的にボリュームダウンしたい
2Vゾーンのみナチュラルに残しておきたい
3VIOすべてを完全に脱毛したい

3つのうち、一番多いのは【2】でしょうか。IOラインのムダ毛はなくしたいけれど、Vゾーンまですべて脱毛するのは抵抗がある、というケースですね。

【3】の、VIOすべて脱毛派には若い女性が多い模様。意外と抵抗なく完全脱毛を選ぶそうです。

IOラインをハイジニーナにする意味

ハイジニーナVIO脱毛にもいろいろな選択肢がありますが、IOラインだけはハイジニーナ(無毛)にする人が圧倒的に多いようです。

排泄物などで不衛生な状態になるのは、VゾーンよりもIOラインの方ですから、女性の場合は特に、ハイジニーナにするメリットがたくさんあります
「あるよりない方が良い」、または「生やしておく意味がない」といったところでしょうか。
とはいえ、IOラインがハイジニーナだと、温泉に行った時に恥ずかしいという人もいますよね。若い女性の中には、ハイジニーナにしたいけれど恋人がどういう反応をするか心配、という人も少なくないようです。

日頃のケアは必須

施術当日の保湿だけではなく、VIO脱毛をするなら日常的に肌のお手入れをすることをおすすめします。充分に保湿されている肌の方が、脱毛するにあたってメリットがたくさんあるからです。

保湿をすると・・

痛みが軽減される

脱毛機の出力を上げられる/施術をスムーズに進められる

毛が抜けやすくなる

早くキレイになる

乾いて固くなった皮膚よりも、柔らかくうるおった皮膚の方が、脱毛機の光をスムーズに発毛組織に伝えられます。また、痛みを感じにくくなるというのは、VIO脱毛を続ける上で何よりもメリットですよね。

生理日は施術NG

生理VIO脱毛を早く終わらせるためには、定期的にしっかり通うことが大事です。特に、IPL脱毛は毛周期に合わせて施術を受ける必要があるので、2~3ヶ月ごとに通うのが基本ペースとなります。

ほとんどの脱毛サロンでは、施術後に次回予約をして終了という流れになりますが、予約の時に注意しておきたいのが生理周期。VIO脱毛の場合、生理の時は施術不可になってしまうので、そこを考慮してスケジュールを立てなければなりません。

2~3ヶ月後のことはわからないという人もいるかもしれませんが、ある程度(第1週か第3週か、など)は把握した上で予約をしないと、直前になって予約変更⇒さらに2ヶ月後という事態になってしまうかもしれませんよ。

VIO脱毛はサロン(光脱毛)がおすすめ

ここまで、脱毛サロンでVIO脱毛をすることを前提にお伝えしてきました。それは、VIO脱毛をするなら、脱毛サロンでの光脱毛が一番おすすめだからです。

脱毛サロンの特徴

脱毛効果は医療レーザー脱毛の方が上といわれますが、VIO脱毛に関しては、光脱毛の方がメリットが多いです。

脱毛サロンとは
  • 女性専用/男性専用に分かれている
  • 店舗が多い
  • 回数が多く必要で脱毛期間も長くかかる
  • 痛みがあっても我慢できる程度
  • リーズナブルな価格で脱毛ができる
  • 痛みがない脱毛機がある

ここで注目しておきたいのは、VIOでも痛みを感じない脱毛機の存在。

光脱毛の中でも「SHR脱毛」は、痛みがなく温かい程度 といわれます。このような脱毛機はレーザーにはなく、業務用美容脱毛機だけです。

これだけでも、脱毛サロンに決める価値があると思います。

医療脱毛の特徴

医療脱毛は、レーザー脱毛とニードル脱毛に分かれます。どちらも医療施設でしか施術を受けることができません。

医療脱毛とは
  • 男女兼用クリニックがある
  • 価格が高い
  • かなりの痛みをともなう(麻酔必須)
  • 在籍医師が男性であることが多い
  • 少ない回数で脱毛が完了する
  • 脱毛効果は高い

医療脱毛は平均して5~6回、多くても10回くらいでハイジニーナを手に入れることができるでしょう。光脱毛では18回コースがもっとも無難といわれるので、医療脱毛はその1/2の施術回数で済むということです。

ただ、価格や痛みのことを考えると、簡単には決められませんよね。

また、医療脱毛ができるのはれっきとした病院であるため、医師の診察があります。まだまだ女性医師は少ないのが現状なので、このあたりもネックになってしまいますね。

※初診でVIOをチェックされることはありません。

セルフ脱毛は危険?

脱毛器身体の他の部分よりもセルフケアを選ぶ人が多いのが、VIOです。他人に見られたくないパーツなので、1人でこっそり脱毛をする人が多いのもわかりますよね。

セルフ脱毛には、シェービング・除毛クリーム・脱毛ワックス・家庭用脱毛器などいろいろな方法がありますが、どれもリスクをともなうのでおすすめできません。

なんといっても自分の目で確認できない部分ですから、怪我をすることもありますし、皮膚がデリケートなので肌荒れをしてしまうと、その後が大変です!

家庭用脱毛器によるVIO脱毛

誰にも見られずに、サロンクオリティの脱毛ができる!と評判の家庭用脱毛器 。確かに、光脱毛とセルフケアのメリットだけを合わせたようなイメージがありますよね。

ですが、これは大きな間違いです。
家庭用脱毛器はあくまでも美容家電なので、サロンと同等のパワーは望めませんそして、もし肌トラブルが起こってしまったら、自己判断で皮膚科に行かなければならないこともお忘れなく!

VIO脱毛に適した脱毛サロンの選び方

VIO脱毛は脱毛サロンで!ということで、VIOにおすすめの脱毛サロンの選び方を紹介します。気になるサロンがあったら、ここをチェックしてくださいね。

設備やサービスをチェック

まずは、脱毛サロンの雰囲気と設備、そしてサービス。ワキや手脚とは違い、脱毛するのはVIOです。効果があればどんなところでも良い、というわけにはいきませんよね。

チェックポイント
  • カウンセリングは1対1で行われるか
  • 施術室は完全個室か
  • シェービングの手伝いがあるか
  • 予約変更に柔軟に応じてもらえるか
  • ドクターサポート制度があるか

このあたりは、絶対にチェックしておきたいところです。
数ある脱毛サロンの中には、カウンセリングをウェイティングスペースの横で行ったり施術ベッドがカーテンで仕切られているだけだったり、剃り残しがあると照射をしてもらえないところも。

生理周期が安定していない人は、予約変更のルールも確認しておきましょう。

脱毛完了までの回数と期間をチェック

期間脱毛完了までにどのくらいかかるのか。これもチェックしておきたいことの1つですね。ほとんどの脱毛サロンは毛周期に合わせて施術を進めるため、全身脱毛でも部分脱毛でも、かかる期間は同じ。範囲が狭いからといって、早く終わるわけではありません。
求める仕上がりによっても回数は変わりますが、IPL脱毛なら5年間くらいは見ておいた方が良いでしょう。

特に、恋人や夫がいる女性は「脱毛途中のVIOを見られるのがイヤ」という人も多いです。早く終わらせたいなら、毛周期に関係なく施術ができるSHR脱毛がおすすめ です。

脱毛機をチェック

お店の雰囲気よりもサービスよりも、一番大切なのはこれ!そう、脱毛機です。脱毛機によって、脱毛期間も仕上がりも痛みも、何もかも違いますからね。

結論からいうと、VIO脱毛におすすめなのは1台のみ。ルミクスA9という脱毛機です。

ルミクスA9

40~50℃の熱処理なので痛みが少ない
パワーが強いので剛毛に最適
色素沈着していても照射OK(粘膜ぎりぎりまで)
1ヶ月に1回のペースで施術を受けられる
完全にツルツルになれる

IPL脱毛機では叶わないすべてのことをクリアした脱毛機なので、VIO脱毛のデメリットもないのです。

誰にも聞けないVIO脱毛の疑問を解決~Q&A~

最後に、Q&A方式で気になる疑問を解決していきましょう!
カウンセリングでは聞きにくい内容も、どんどん出していきますよ。

Q.麻酔はある

脱毛サロンには、麻酔はありません。
麻酔を必要とするほどの痛みも、めったにありません。痛みを感じても、担当スタッフさんにいえば出力を調整してもらえますし、冷やしながらゆっくり施術を進めてくれることも。
麻酔を処方してもらえるのは医療脱毛クリニックだけですが、麻酔代が別途発生してしまいます。

Q.白髪は脱毛できる

IPL脱毛の場合、白髪は脱毛できません。
メラニン色素がなければ、脱毛機の光を吸収することができないからです。
SHR脱毛は、体毛の色素を必要としない脱毛方式なので、白髪も脱毛可能とされています。VIOは意外と白髪になりやすく、早い人では20代からというケースがあります。

Q.介護脱毛って何

近年よく聞かれるようになった「介護脱毛」とは、いずれ介護される身となった時に備えてVIOのムダ毛を処理しておくことをいいます。
親の介護を経験したのをきっかけに……という人も多いようです。
介護の一環として脱毛をしてもらうことではありません。

Q.途中でトイレに行ける

行けます。
ただ、施術が途中になってしまったり、トイレ後にジェルを再び塗布しなければならなかったりといったことがあるので、あまり歓迎はされません。できるだけ施術前に済ませておきましょうね。

Q.カウンセリングでVIOを見られる

見られません。
痛みが心配な人は、手や腕でテスト照射をしてくれるサロンもあります。カウンセリング申し込みの時に、希望しておくと良いですね。

Q.肌トラブルが起こったらどうすれば良い

多くの脱毛サロンには、万が一の肌トラブルが起きた時のために「ドクターサポート制度」をそなえています。
いわゆる、提携クリニックの紹介です。
ただ、部位が部位なので、自宅や職場の近くに女性医師が在籍している皮膚科があるかどうかも事前に調べておきたいですね。

Q.思ったより痛かった!解約できる

できます。
脱毛サロンによって解約のルールはさまざまで、契約金が戻ってくるサロンもあれば戻ってこない(前払い)サロンもありますし、中には違約金が発生するところも……。痛みだけではなく、引っ越しや妊娠による解約もあるかもしれないので、中途解約に関してはカウンセリング時に必ず確認してください。

Q.刺激を感じてしまったら…

女性同士、問題ありません!
意外と多い心配ごとが、これ。わかりやすくいうと「濡れてしまったら?」という心配です。
心配している人が多いということは、サロンスタッフさんたちも慣れていると考えることもできます。相手はプロですから、そのあたりは開き直っても大丈夫でしょう。女性の身体は、ホルモン周期によって身体の感覚も違ってきます。いわば当然の生理現象ですから、あまり心配せず、プロのスタッフさんたちにお任せしましょう。

まとめ

VIO脱毛は、始める前は興味と抵抗が同じくらい。でも始めてみると「どうしてもっと早く脱毛しなかったんだろう?」という人が、圧倒的に多いです。

痛みや恥ずかしさよりも、脱毛後の快適さが勝るんですね。
ほとんど抵抗を感じない10代後半~20代、美意識が高く自分磨きをおこたらない30代の女性はもちろんのこと、現代は40代からのVIO脱毛も増えてきています。あまり大っぴらに話題にすることではありませんが、もしかするとVIO脱毛をしていない人の方が少なくなりつつあるかもしれませんね。

思い切ってVIO脱毛をするなら、まずは脱毛サロンの脱毛機を調べましょう!VIOだからこそ脱毛機の性能が大事です。
ぜひ、当サイトの脱毛機比較や調査報告を参考にしてください。失敗しないVIO脱毛のコツは、サロンの知名度や人気よりも脱毛機で選ぶことです!

脱毛の基本の最近記事

  1. 脱毛サロンのクーリングオフとは?1円も損しないで解約する方法

  2. 【2020年最新】イマドキのメンズ脱毛事情!524人のアンケート調査結果を大公開|後編

  3. 【2020年最新】イマドキのメンズ脱毛事情!524人のアンケート調査結果を大公開|前編

  4. 人気の脱毛サロンに不満爆発!?現役女子の脱毛意識調査・第3弾

  5. 脱毛サロンの選び方で参考にしているのは?現役女子の脱毛意識調査・第2弾

関連記事

PAGE TOP